しんぱち
(株式会社新八田中商事)


北海道札幌市南区真駒内泉町2丁目2−14


 



このブログには何度も登場している札幌市南区の藻岩下商店街。
生まれは旭川市だけど、自分にとっては1970年代に小学生時代を過ごした故郷の町なんです。


商店街としては小さいながらも、70年代は賑やかで元気いっぱい。


『ショッパーズ藻岩』
『藻岩下ショッピングセンター』 (旧藻岩下市場)
『びっくり屋』(とても小さな総菜屋)
『勉強堂』 (文具屋)  
『ニシムラ』(ケーキ)
『ときわ薬局』
名前は忘れたけど姉がステレオを買ってもらった電機屋さんや
行きつけの床屋さん(鏡のまわりがオレンジ色でとても昭和POPな雰囲気だった)。

そして
『しんぱち』。
普通の規模のスーパーマーケット。


毎日のようにこの辺で遊んだりして町に強い愛着を持っていた自分は、小6の秋に北区に涙の引っ越し。その後もあちこちと引っ越しが続く。

そしてある日、藻岩下商店街に何十年か経って再訪すると、ほとんどの店がもう無くなっていた。

『しんぱち』もそのひとつ。
僕の中では思い出の店となり、個人商店のようだったのでもう二度と入れることはないだろうと思っていた。



でも、最近になって地図をながめていたら
『しんぱち』の文字が同じ札幌市南区の真駒内(まこまない)にあることに気が付いた。

『しんぱち』って、あの『しんぱち』なのか!?
珍しい名前なので「もしかしたら」という期待と共に「いやー、まさか。」と半々の気持ちに。


でも真駒内って何度も行ってるんだけど、なぜ今まで気が付かなかったのだろう、おかしいな・・・。

何はともあれ、真相を確かめに行ってみた。
現在の家からは車で一時間くらいだ。



さて・・・。

あったよ、
『しんぱち』が。 なんという感動 (*^。^*)!


DSC_0057




まず、今まで何度か真駒内に来ていたのに何故ここに気が付かなかったかという疑問点。
店に到着したらその疑問は解けた。

それは、立地。
普通なら車が走るようなところに店を構えるのだけど、『しんぱち』はまるで隠れ蓑をまとっているかのような場所にある。





これは、住民でなければわからなくても当然かもしれない。


店を見るとだいぶ古そう。昔ながらの店が好きなのでうれしい。



DSC_0058








DSC_0059



大好きだった店だけに泣いちゃいそう。
まるで亡くなったと思っていた人に会えたかのようです。




DSC_0060







DSC_0061





DSC_0062





まるであの頃に戻ったかのような店内の雰囲気。
うぅ、嬉しさ倍増。
もう5月なのにストーブがついていて大きなヤカンが載っている。
ヤカンの取っ手は壊れたらしく別の棒で補修されています。


DSC_0063






店内には非常に長く煙突が伸びています。いかにも北海道らしい。

DSC_0064






こういう雰囲気の商店がまだ札幌に残っていたんだなぁ。
それも『しんぱち』だなんて。うぅ(また感動)

DSC_0065




おかみさんにお話を伺うと、藻岩下商店街のほか、大麻、北広島、真駒内上町にも出店していたらしいです。
全然知らなかったよ。
藻岩下の店舗は土地を
郵便局に売って閉店。
ところで『しんぱち』という不思議な名前は、先々代がススキノにあった新八条市場に開店したことに因んでこの名前になったようです。

なるほどなぁ。すっきりしました。 





DSC_0066







DSC_0067







DSCPDC_0001_BURST20210501150602994_COVER






今日はソフトエクレアなどを。
でも刺身がうまそうだったから次はマグロ買おうっと。


DSC_0110




ここにあることが分かった以上、遠いけどなるべく来ますとも!
応援します、しんぱち。



DSC_0068





店を出るとカラスが何かを突っついてた。

DSC_0069