今日は番外編の記事です。

「1,2,CUBE  ワン・ツー・キューブ」という商品。

少し気になったので買ってみました。

なにが気になったかというと、角砂糖のような、サイコロのような物体を

コップの水にポンと入れるだけで麦茶が完成するというところ。

まぁつまりお茶のフリーズドライってことですよね。

麦茶といえばヤカンで沸かしてつくるイメージなんですが、ちょっと試してみようかと。



ちょっと怪しいと思ったけど発売元は天下の
コカ・コーラ。

一袋でコップ15杯つくれるんだって。



DSCF2189





説明書きはいらないくらい簡単。

DSCF2190




開封…。
見た感じは黒砂糖のサイコロ。
このまま舐めたらどんな味するんだろ。



DSCF2191




どんなもんか、大きめのコップと普通サイズのコップに投入。
メーカーでは200~400mlに一個という目安。


DSCF2192





冷たい水をいれたところ、あっという間に溶けだします。

DSCF2194



スプーンでぐるぐるしたらほとんど溶けたけど、わずかに「溶けかけ」が残るようです。


DSCF2198




早速飲み比べ。

んー、どちらもやや味が弱い。
感覚的にコップ一杯に二~三個(100mlに一個)でよさそう。





DSCF2199


でもこれどういう人が買うのかな。
家にいる人は麦茶パックで作ったり、スーパーで2リットルサイズの安いやつ飲むことが多いはず。
アウトドアではこれ作る冷たい水の確保が問題だし。
たぶんだけど・・・例えば会社で飲料水をゲットできるOLさんが水筒使に入れるとか?
冬山登山で雪とコレで麦茶作るとか?
国際宇宙ステーションで麦茶のむときとか?
まぁぼくには想像できない使いみちがあるのかも。




Amazon