美唄 光珠内駅(こうしゅないえき)





前回記事『晩生内(おそきない)駅』に続く駅舎の紹介です。



"美しき唄のまち"『美唄』の南部に、1952年(昭和27年)に誕生した光珠内駅。
※その30年前から光珠信号所として存在していたそうです


美唄駅のひとつ手前の駅なのに、美唄市中心部とは大きく違い、農村の雰囲気があります。

美唄一帯は炭鉱全盛期にとても賑わった地域で、昭和40年代までは店も人も多かったんです。








「開駅三十年記念碑」の石碑と光珠内駅

DSCF0965






DSCF0963





光珠内駅舎の特徴は逆三角形の壁(柱)
デザイン的に非常におもしろい。
DSCF0945





円柱形のドアノブ
DSCF0946




シンプルな待合室

DSCF0947






DSCF0948





ちょうど電車が入線してきた

DSCF0950






DSCF0952








DSCF0953






DSCF0954




手書きの駅周辺マップがド昭和

DSCF0955






DSCF0956





DSCF0957





ホームの反対側へ続く連絡橋

DSCF0958







DSCF0959







DSCF0960






DSCF0961




ミニチュア模型にしたいくらいのデザイン

DSCF0962




◆月形駅、札沼線の駅紹介など


◆札沼線の駅紹介など