若い頃作った曲を歌った  1. hizashi




トートツな、歌の投稿。
なぜあんたが歌を? と ざわざわが聞こえてきそう(笑) 
全然興味ない、うん、わかってる。



早いもので「60才」に近づきました(まだ数年あるよ!)。
この年になるまでいろんな「好きなこと」に出会ったけど、
そのひとつが実は「詞や曲をつくること」だったんです。
長くやってる民族楽器演奏の分野とはまた別のね。



二十年以上も前だけどさ、歌モノを録音したことはあって。
でもA4の紙に歌詞と伴奏コードが書いてあるだけで録音したことのないものがまだたくさん残ってて。
そういう曲を録音してみたくなったのと、二十年以上ぶりにセルフカバーしてみたくなったのと。


もう寿命も短くなってきたせいか(笑)、録音をしてみたくなった。
いろんな知人友人が亡くなってしまったり、自分もだいぶ弱ってきたし、
録音をしたことをないものをいくつか形にしておこうと。


・歌手じゃないからボーカル適当
・多くの方に聴いてほしい、とかでなく、自分のために録音しときたい
・今後の展望なし
・わかりにくい歌詞、曇り空のような雰囲気の歌ばかり、自分だけの世界感。



今回録音してみたのは20年以上前に作ったオリジナルの詞曲。
歌詞と、伴奏コードが書いてある紙を見ながら
クロマハープで伴奏しながら歌い、レコーダーに生録音。
そのあと太鼓とかいくつかの楽器を重ね録りして曲にするという古典的スタイル。
すべてアナログで、パソコン使った「打ち込み」ではないです。


他人に聴いてもらうのは正直迷ったけど、この年齢になるとね
今しかないし、なんでもあまり怖くない (^^;

※録音は去年で、ほかにも気が向けば公開します





 

hizashi


                               雨あがり 差し込む ひざしは そこに在る
                               カオリを 細かく させる ばかりだし
                               きみもまた ねむたそうだし

                               夏のとなりに置いたダイニングテーブルのうえには泡のひざしが
                               あふれつづけて 無口なぼくらは
                               それだけですっかり満ちたりていくんだ


                               その壁で 眩しく ゆれている ヒカリは
                               どこかに 在る水が 反射して いるんだろ
                               きみはまだ ねむたそうだし

                                空の雲がゆっくり動くから ぼくのからだの黒いヒカゲが
                                消えていって 目をふせるほど
                             痛い夏の日を 感じているんだ

                             夏のとなりに置いたダイニングテーブルのうえには泡のひざしが
                             あふれつづけて   無口なぼくらは
                             それだけですっかり満ちたりていく




※テーブルの絵は曲をつくる前に描いたイメージ