純喫茶ヒッピー ~1980年から喫茶巡り

◆昭和探しの全国放浪ブログ◆ 『純喫茶巡り協会』会長。 1980年から喫茶巡り40年以上、訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景の記録。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

カテゴリ:建造物 北海道 > ◆建造物【滝川深川歌志内赤平】

上砂川町、わき道さんぽ。札幌から旭川への続く大動脈、国道12号線を砂川市で右に折れ、115号線に入ります。目的は上砂川町での散歩。115号線を走る車内から見えた不思議な物体。赤茶けていて、鉄のような材質なのかもしれないけど、これなんだ!?横から見てヒョウタンとわ ...
続きを読む

滝川市の好きな建物。「かずこの店」の可愛さがすごい。入ってみたいけど美容院には用がないしなー。縄・・・。 看板店もこれまたすごいぞ。80年代まではオーディオブームだったな。高校生や大学生などのタイミングで親にコンポ買ってもらう人が多かった。社会人になっても ...
続きを読む

雪の深川(ふかがわ)その5。連載してきた冬の深川市のレポートのトリはこちらの自転車屋さんです。外観からしていかにも昭和から続いている風格を感じる自転車屋さんで、なんだかファンタジーなものも飾ってあるので気になって仕方がない。それに、自転車が趣味でもあるので ...
続きを読む

雪の深川(ふかがわ)その4。先日より深い雪に包まれた、風情のある深川市の街の様子を写真でレポートしています。雪のない地域の方も北国の雰囲気を味わってくださいね。今回はその4回目。おや、何もかも雪だらけって感じの建物がありますよ。谷脇産業、って書いてあります ...
続きを読む

雪の深川(ふかがわ)その3。先日より、深い雪に包まれた深川市の街の様子を写真でレポートしています。今回はその三回目。いまはなき、北海道ローカルの最大手家電量販店だった『そうご電器』の堂々とした看板がいまだ駅前通りで見ることができます。これは自分的にけっこう ...
続きを読む

雪の街、深川市の昭和散策~『三番館』好きな商業施設、三番館。旭川で初めて入ったときはいろいろ衝撃だった。記事下部に旭川の三番館の記事を置いときます。天井のゴールドのキラキラが素敵。おじさんみたいな分け目の髪型の子供。お護り狸。あらら全部見えてる…?ところで ...
続きを読む

雪の街、深川市の昭和散策~『銀馬車とひまわり』大雪の深川市。街中が白くて綺麗。でも寒い。でも綺麗。モルタルの昭和建築を見かけた。飲み屋のビルなのかな。同じような意匠の建物が二つ並んでいる。左はシャッターしか見えないけど、右のほうは店がふたつ見えている。い ...
続きを読む

北星市場北海道滝川市有明町2丁目1-40こういう市場が少なくなりました。でも昔ながらの雰囲気でなんだか落ち着くんですよね。お菓子メインで買い物。店に入ると値札がいっせいにこっちを向いていて、まるでひまわり畑のひまわりのよう?商品をのぞきこまなくても値段がわかり ...
続きを読む

昭和で時が止まったかのような炭住集落。牧歌的な空気が流れる。ここは歌志内市.....マンサード型の屋根に出窓スタイル。「昭和ブルー」。トタン屋根が日差しを受ける。空き家がとても多い。家と家の間の敷地には灯油タンク。小さい頃、まさにこういうところに住んでいた。函 ...
続きを読む

赤平住友地区の現況、2020年。赤平レポートの続き。今回はあの炭鉱住宅。ここについては11年前の2010年にも書きました。このブログ記事ですね  ↓ 各棟まだまだ並んでいるようです。現在はどのようになっているのかな。10年前すでに高齢化・退去が進んでいるように見えまし ...
続きを読む

砂川市と喫茶貞廣。砂川市(すながわし)は札幌市から車で一時間半くらいのところにあります。砂川市訪問目的の大部分は喫茶店で、その中でも『貞廣』はとくに思い入れがあるのです。今回は、砂川市役所も写真も追加したりしますね。砂川市が近づいてきました。◆砂川市役所 ...
続きを読む

赤平市の街並みを歩いたら。(続編+旧住友赤平炭鉱)赤平市(あかびらし)のレポートが続いています。今回はまず、床屋関係から。一軒家の美容院です。サインポールとともに、こういう光るクルクル、きっと多くの昭和ファンがいますよね。窓に貼られたカッティングシートも図柄 ...
続きを読む

赤平市の街並みを歩いたら。前回(赤平茂尻)に続き、赤平エリアのレポートです。前回に続きというか、これまでもたまにレポートしてますけれども。◆まずは平岸病院。タイルの質感とドでかいガラスブロックのような開口部が素晴らしいです。思わず通院したくなる・・・。↑ ...
続きを読む

茂尻駅周辺訪問日2020.7赤平市の茂尻駅周辺です。茂尻駅も炭鉱とともに設置された駅で、現在は無人駅。駅の南側・新町側に抜けるための跨線橋が改修中のようです。炭鉱で栄えた街はどこもそうですが、周辺の家屋、商業施設は年季が入っています。散歩して最初に会ったのは猫 ...
続きを読む

赤間炭鉱ズリ山階段と山頂からの眺め。 こんちはです。今日はここのレポート。Googleマップ まあ詳しい説明はこの案内板をご覧ください。とはいえ、「ズリ山」をざっくり説明すると、その昔、炭鉱の坑内から出た石炭のクズ積み上げた人工的な山のこと。こちらの赤間炭鉱ズリ ...
続きを読む