純喫茶ヒッピー

◆昭和探しの全国放浪ブログ◆ 『純喫茶巡り協会』会長。 喫茶訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景の記録。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

カテゴリ: 建造物 北海道

【小樽・オタモイ秘境特集シリーズ1】すごすぎる景色!!  白龍胎内巡り~下赤岩山に行ってきた♪本日より【小樽・オタモイ秘境特集シリーズ】として連載します。いつかやってみたいと思ってたんですよね。やや危険だしかなり体力を使うレポートです。---------------------- ...
続きを読む

幕別町の中心部を越えて国道38号線を進むと、昔懐かしい形のドライブインが見えてくる。全体が三角屋根のこういうドライブインは30年前はけっこう見かけたものだけど、ドライブインという言葉自体が死語になっているが、とくに三角屋根は貴重な存在かもしれない。屋根には ...
続きを読む

新里カメラ店食事処 D51北海道北見市北6条西2丁目 北見駅から徒歩10分ほどの交差点にある建物。飲み屋が連なる繁華街エリアの端っこにある。ここは一軒家の中にカメラ屋さんと居酒屋のふたつの店が入っている。同じ店主がどちらもりくりしている。正直、雑然としている ...
続きを読む

神秘的な二つの沼。まずは沼の前に・・・・・・国道241号線(足寄町)の 雌阿寒ドライブイン。現役ではなく廃ドラです。あ、自動販売機が残置なんですね。あ!  ベルミーコーヒーだ。ベルミーのベルは会社がカネボウ(鐘紡)だから「鐘=ベル」というわけ。ひどく甘ったるい味だ ...
続きを読む

北見市から無くなった二つのもの。2020.8.29訪問北見市に来たのは、6年ぶりと、久々だ。 街の変化を過去の訪問記事とともにレポートします。すったもんだいろいろありましたが北見市役所の新ビルが北見駅の真横にできていた。でもここは以前のあの場所。それは「大通廉売」 ...
続きを読む

食事処館北海道旭川市7条通8丁目姫小路食堂の『館』さんは、旭川市にある古い食堂でした。でした、と過去形に書いたのは・・・突然やめてしまったんです。残念なかぎり! …落ち込むわ…。今日の訪問レポートは昨年2020.8.29-30のものですが、このあとにも訪問したときに写真 ...
続きを読む

旭川市物件あれこれ。いきなりですが、有名物件。まだありますね。その名もホテル「のうきょう」。漢字で書いてはいけませんよ。過去にものせましたね......>すごいマネキンがあった頃です。現在はもうありませぬが。気になる方は下の記事をご覧ください。 この画質めちゃく ...
続きを読む

珈琲館 ペット北海道帯広市西11条南15-1-2珈琲館ペットは、帯広駅から徒歩約20分、以前紹介した『回帰路』の割と近くにあります。 これだけ黄色い建物もあまりないので目を引きます。壁には何かを取り付けてあったような跡が残っています。これは店名を象徴するもの、との ...
続きを読む

ティーショップ勇三  車で音更町に入りました。車窓から美しい白樺の並木が見えてので車を降りて眺めたり・・・白樺って樹液旨いんですよね。飲んだことあります?お酒を飲む人は割って飲むとおいしいって言ってました。町営温泉保養施設「しみず温泉フロイデ」。閉鎖されて ...
続きを読む

夕張市役所周辺の風景。前回、前々回に続き、夕張市役所周辺のレポートです。市役所といえば、街の中心施設なので、ある程度の賑わいのある街並みを想像するかもしれませんが、夕張市の場合はまるで違います。市役所のまわりも空き家が目出つんですよね。空き家というよりは ...
続きを読む

夕張市民会館、夕張公民館など。 昨日のつづきを書きます。まず一枚目の写真は昨日掲載した夕張市役所に隣接している夕張市民会館。いや、「旧」夕張市民会館です。竣工は1963年、現代の基準では耐震強度が足りないので閉鎖されたまま。すでに竣工から58年が経っているし、財 ...
続きを読む

夕張市役所と陶タイル作品『夕張の四季』財政破綻後、うちのブログでは夕張の見どころなどをピックアップしてきました。石炭の歴史村、幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば、梅ヶ枝横丁歓楽街、清水沢エリア、飲食店、鹿鳴館・・・。 今回は市の中心、「夕張市役所」の芸術作品な ...
続きを読む

昭和で時が止まったかのような炭住集落。牧歌的な空気が流れる。ここは歌志内市.....マンサード型の屋根に出窓スタイル。「昭和ブルー」。トタン屋根が日差しを受ける。空き家がとても多い。家と家の間の敷地には灯油タンク。小さい頃、まさにこういうところに住んでいた。函 ...
続きを読む

達筆な文字が書かれた町内会館。北海道虻田郡喜茂別町ここは喜茂別町の伏見という地区。札幌市から「定山渓温泉」と「中山峠」を超え、喜茂別町中心部へ向かうところにあります。有名なインドカレー屋や個性的な車庫レストランがある地区。そんな中、運転中一番気になったの ...
続きを読む

赤平住友地区の現況、2020年。赤平レポートの続き。今回はあの炭鉱住宅。ここについては11年前の2010年にも書きました。このブログ記事ですね  ↓ 各棟まだまだ並んでいるようです。現在はどのようになっているのかな。10年前すでに高齢化・退去が進んでいるように見えまし ...
続きを読む

砂川市と喫茶貞廣。砂川市(すながわし)は札幌市から車で一時間半くらいのところにあります。砂川市訪問目的の大部分は喫茶店で、その中でも『貞廣』はとくに思い入れがあるのです。今回は、砂川市役所も写真も追加したりしますね。砂川市が近づいてきました。◆砂川市役所 ...
続きを読む