南美唄町にて。




南美唄町は三井美唄炭鉱の閉山(1963年)、「三美鉱業三美炭鉱」の閉山(1973年)とともに「国鉄 南美唄駅」も無くなった。


※南美唄駅 : 函館本線南美唄支線
1931年(昭和6年)から1973年(昭和48年)まで、美唄駅~南美唄駅を結ぶ約三Kmの路線。




炭鉱の町は、石炭が燃料の中心だったその時代、とても賑わった。
長崎の軍艦島のように、炭鉱の付近には当然たくさんの炭鉱住宅がつくられ、そのまわりに商店、歓楽街、病院、学校などが並び、経済が循環していた。
しかし閉山になると、咲いた花がしぼむように瞬く間に町が縮小。


南美唄は現在どのような雰囲気なのだろうか。




商店街より三井美唄炭鉱方面。現役の服屋のようだ。
DSCF8587





国道12号方面へ
DSCF8585





DSCF8584






昭和物件が多く残っている。今、令和とはとても思えない・・・。
DSCF8586





現役の床屋さんなのだろう。行ったら切ってくれるのかな。

DSCF8588






やはり廃墟、崩壊物件が多い。
DSCF8589






DSCF8590





DSCF8583






DSCF8555






猫ちゃんがたくさん。
DSCF8580








DSCF8572







DSCF8558






木造住宅にとって雪の重さは負担が大きい
DSCF8557



最後に、三井美唄炭鉱の閉山について冒頭で触れたのだけど、
実は
北菱産業埠頭株式会社(資源部)により、現在は露天掘りにて石炭の採掘・販売が復活しています。