純喫茶ヒッピー

◆昭和から続く喫茶を求め全国放浪。 『純喫茶巡り協会』会長。 喫茶訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 昭和の建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景が好きです。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

カテゴリ:建造物 北海道 > ◆建造物【岩見沢・美唄・夕張市】

閉鎖中「北海道物産センター」夕張店  夕張市を越えて274号線を走ると左手に突然見えてくるでかい建物、「北海道物産センター」夕張店。周りはホロカクルキ川が流れる山地で、メロン直売店がちらほらとあるだけで、ここだけが周囲とは異質なオーラをを放っている。物産セン ...
続きを読む

白樺毛糸・美唄バイオセンターここは五年ほど前、たまたま見かけてしまった工場廃墟ですが、また眺めに寄ってみました。やはりとっても怖いオーラを感じます。夜は近寄りたくもありませんね。場所はココ 内部の樹木の成長度合いに勢いを感じる 横にあった長屋。工場社員用な ...
続きを読む

三笠市弥生柳町の住宅今回は三笠市の蛇行した幾春別川(いくしゅんべつがわ)沿いにたたずむ住友炭鉱住宅の様子について。解体が進み、棟数も残り少なくなっています。以前お話したことありますが三笠市は訪問販売によく出かけたエリアでした。昭和の頃は、家に突然物販のセ ...
続きを読む

岩見沢市の第一中央市場。平成初期までは、「ナカノタナ」とここが生鮮食料品の中心だったんですが。静かな市場。二階は集合住宅になっています。右にも集合住宅。レトロ感がやばいです。市内からは古い建築がけっこうなスピードで無くなっています。豪雪地帯なので家屋への ...
続きを読む

道内最大規模の映画館(当時)、三井美唄互楽館の威容。まず、場所はここです。 前回、南美唄町の様子をレポートしましたが、出かけた目的は今回掲載する三井美唄互楽館の現状確認のためです。互楽館は正式には"ゴラクカン"で良いと思うのですが、地元では"ゴラッカン"と呼 ...
続きを読む

南美唄町にて。南美唄町は三井美唄炭鉱の閉山(1963年)、「三美鉱業三美炭鉱」の閉山(1973年)とともに「国鉄 南美唄駅」も無くなった。※南美唄駅 : 函館本線南美唄支線1931年(昭和6年)から1973年(昭和48年)まで、美唄駅~南美唄駅を結ぶ約三Kmの路線。炭鉱の町は、 ...
続きを読む

幾春別(いくしゅんべつ) ここは北海道の三笠市(みかさし)。旧炭鉱の街のひとつだ。三笠市といえば、アンモナイトなど化石で有名。炭鉱の終わりとともに街の賑わいは大きく衰退しているけれど(人口は約8000人)、近年は高校生が作る本格的料理で話題になったり、北国で ...
続きを読む

夕張市の記事が頻繁に登場するぼくのブログですが、今回は梅ヶ枝横丁歓楽街の現状です。撮影は2020年7月、場所は以下のGoogleマップの付近です。 Googleマップの航空写真では下の一角のレポートに相当します。この写真の一番左端に大きな道路(38号線)があり、札幌へと続いて ...
続きを読む

こんにちは。前回は夕張の奥にある「南大夕張駅跡地」を掲載しましたが、今回はそこからさらに南下して青葉町エリアの現状をレポします。結論から書きますが、昔見た光景・記憶からは信じられないような荒廃ぶりでした・・・。南大夕張から南下すると夕張川に架かる橋を通過 ...
続きを読む

南大夕張駅跡地(「近代産業遺産認定」)南大夕張駅。それはぼくのような古い人間にとって、なかなか懐かしい響き。三菱石炭鉱業の「大夕張鉄道線」といって、炭鉱のための鉄道のようなもんです。私鉄ですね。この辺は河川の分岐地点でもあるため、当初は二股駅っていう名前 ...
続きを読む

財政破綻の夕張の現状を見続けて(傍観だけで何もできないのですが)、このブログにもちょくちょく現況写真をあげておりますが今回は札幌市から夕張中心部に到着する風景を掲載します。ウェルカムゲート。炭鉱マンのヘルメットを着用した子供と、特産のメロンが出迎えます。 ...
続きを読む

こんちは。今日はクリスマスイブですね。でもうちのブログは淡々と昭和風景の写真を貼っていきます(^^)v 旧清水沢駅。かつて賑わいのあった大きな駅。ザ・ピーナッツの後継とも呼ばれた双子の歌手「ザ・リリーズ」は、この清水沢駅前商店街の出身(燕電器の燕奈緒美さんと真 ...
続きを読む

夕張市民健康会館  清栄町の交差点にある市民健康会館。周辺ではかなり大きい建物で目立っています。現在はスポーツ行事や練習、プロレス興行(北都プロレス)、音楽ライブなど、時間レンタルで市民健康会館運営委員会が管理されているようです。プロレスといえば夕張は故 ...
続きを読む

新二岐と新二股。 そして旧夕張鉄道『新二岐駅』の現況。今日のレポートはこの辺の話です。栗山町から夕張市に変わるあたり。廃屋が目立ちます。そんな中、黄色く塗られた建物が。あのキャラクターと目が合う。(路上で見る有名キャラクター。これまでもいろいろあったなぁ ...
続きを読む

長沼→夕張へ。前回の記事では、長沼のいわきさんの「赤字丼」をレポートしました。たらふく食べたんで、そのあと夕張方面に向かいます。すると、「ん!?」な看板を目にしました。独特な絵だなー。ファミリーが色黒なのは日光で劣化したからでしょうか?裏側。お、顔色が残って ...
続きを読む

こんちは、ヒッピーです。美唄レポがつづいていますが、今日はガロについてです。その前に炭鉱最盛期時代に存在していた三菱鉱業美唄鉄道線(美唄鉄道)旧東明駅に立ち寄りました。駅舎と機関車が美しく保存されており、この世代の方々がここを訪れたらぐっとくるのではない ...
続きを読む